ビットコイン取引所とは?販売所との違いは何?メリット・デメリットを分かりやすく、仮想通貨との違いも説明します!

ビットコイン取引所とは?販売所との違いは何?メリット・デメリットを分かりやすく、仮想通貨との違いも説明します!
ほい
ほい

仮想通貨ビットコイン取引所とは、どんなところなんだろう?
販売所っていう所もあるけど、取引所との違いはなんだろう?

そうですよね、「取引所」という名前は聞きますけど、

  • 実際にどんなことをするところなのか?
  • 何ができるところなのか?

よくわからないですよね。

しかも、似たような言葉で「販売所」という名前のところもあって『何がどう違うの?』と考えてしまいます。

それに「仮想通貨の取引所」と言われることもあれば、「ビットコインの取引所」と言われることもありますし。

そもそも、「仮想通貨とビットコインって何が違うのだろう?」とも思います。

ですので、今回は、

  • 取引所とはどんなところなのか
  • 取引所と販売所の違い
  • 使うのに資格や許可はいるのか
  • それぞれのメリット・デメリット
  • 取引の値段の違い、その理由
  • 仮想通貨とビットコインの違い

これらについてお話しさせていただきます。

お話を最後まで聞いていただければ、あなたの疑問も解決しますよ^^

1つだけ注意点があります。

今回の記事内容を理解しないで取引を始めると、気づけば大損で強制退場になる可能性が高いので、ぜひ最後まで記事を読み進めてくださいね。

では、最初に「取引所とはどんなところなのか?」を説明していきますね。

スポンサーリンク

取引所とはどんなところなのか?

取引所,販売所

仮想通貨」という通貨を手に入れる方法はいくつかあります。

その中でも一番使われている場所が、

  • 取引所
  • 販売所

になります。

まず、「取引所」についてお話ししますね。

「取引所」とは、『売りたい人』と『買いたい人』が「取引をする場所」のことです。

ここで、ビットコイン取引所と仮想通貨取引所の違いについてもお話ししておきますね。

どう違うのでしょうか?

ビットコイン取引所とは?仮想通貨取引所との違いは?

仮想通貨を始めようとしたときに、

  • ビットコイン取引所
  • 仮想通貨取引所

という言葉を聞きますよね。

これを説明すると・・・

ビットコイン取引所とは、
ビットコインを売りたい人、買いたい人が取引をする場所。
仮想通貨取引所とは、
仮想通貨を売りたい人、買いたい人が取引をする場所

と、一見、同じように見えますが、

ビットコインは仮想通貨の種類の中の1つ

仮想通貨は、通貨全般を指す言葉になります。

そして、「取引所」というのは、ほとんどオンライン上のトレード場です。
つまり、インターネット上ということです。

次にお話しするのは「販売所」。

取引所と似たような言葉で「販売所」というのがあります。

これらには「違い」があるので、「取引所と販売所の違い」についてお話ししていきますね。

取引所と販売所の違い

これを間違えると、もしかしたら損をしてしまうかもしれないのでぜひ覚えておいてください。

簡単に「取引所」と「販売所」の違いについてお話しすると・・・

◆取引所とは・・・
取引所という場所でユーザー同士で仮想通貨を売買する場所。
◆販売所とは・・・
販売所という場所で運営会社とユーザーが仮想通貨を売買する場所。

と、こんな感じです。

もう少し噛み砕いて説明すると、

◆取引所とは・・・
「人」と「人」とが取引をする場所
◆販売所とは・・・
「人」と「仮想通貨を扱う運営会社」が取引をする場所
コインチェックという取引所で仮想通貨をトレードする場合は、
「人」と「コインチェック」が取引をする場所

ということになります。

ほい
ほい

ふむふむ・・・なるほど。
人と人で取引するか、人と会社で取引するのかの違いがあるんだね。

そういえば、こういった場所ってすぐ使えるのかなぁ?
それとも使うのには資格や許可はいるのかなぁ?

取引所や販売所を使うのに資格や許可はいるのか?

当初はいらなかったのですが、取引所を使う際には、本人確認書類が必要になりました。

免許証やパスポートなどの画像を撮って取引所サイトの指示に従って送ることになります。

審査が通れば、取引所が使えるようになりますよ。

そして、各場所の役割には「大きな違い」がありますので解説していきますね。

スポンサーリンク

取引所の役割

取引所,販売所

先程、解説した通り「ユーザー(人)同士」で仮想通貨を取引する場所です。

運営会社は取引が成立した際に手数料を少しだけ貰うことで場所を提供しています。

ここでは仮想通貨は仲介業者などを挟まず、ユーザー間の売買が可能。
売買可能な相手を見つける事ができれば取引は出来ます。

しかし、その相手を探すのが非効率なため、運営会社が「取引所」という形でオンライン上に売買したい人が集まりやすい場所を設けています。

なんじゃ
なんじゃら

ん~・・・取引所は、実世界で言うと市場が一番近いイメージかな?

売買にはオークション形式を採用しているので、そのまんま市場のイメージに近いです。

よくテレビなどで朝の魚市場風景を映していますが見たことありますでしょうか。

「10000円で買う!」という人に対して、
「10000円で売る!」という人がいれば取引が成立します。

しかしこれが、

「10000円で買う!」という人に対して、
「12000円で売る!」という人しかいない場合は取引が成立しません。

逆に売るときも同じです。

金額を指定(指値)し、その希望金額と合った人と取引が成立する仕組みです。

取引所はいくつもあるのですが、場所によっては人と人との取引が盛んに行われているので、すぐに取引ができる可能性もあります。

仮想通貨で利益を出そうとする方はメインで使う場所になると思います。

※補足
金額を指定する取引の方法を「指値(さしね)」といいます。

もう1つ「成行(なりゆき)」という方法もあります。
こちらは今のレート(相場)の前後の金額で取引が成立するので指値のように、自分が決めた金額で売買できない可能性があります。

販売所の役割

「運営会社」が仮想通貨を「ユーザー(人)」と売買する場所です。

取引所で売買するのとは違い、「価格が固定」されています。

そして、人とのやり取りのように「金額が合ったら(マッチしたら)」ではなく、

 

「提示されている金額+手数料」で買う

もしくは、

「提示されている金額-手数料」で売る

 

これらのどちらかになります。

つまり、買う時はスーパーなどで買い物をする感じですかね。

決められた金額の野菜を買う。
決められた金額のビットコイン、仮想通貨を買う。

そんなイメージです。

スーパーなどと違い、その金額(相場)は変動していますが、いつでも売買できるのが特徴です。

取引所とは違い、手数料も高いので、

  • 売買しやすい
  • 買いは割高
  • 売りは割安

こんな一面があります。

手持ちの仮想通貨が値下がりし過ぎて誰も買い手が見つからない!

どうしよう!

これ以上損したくない!

こういった「今すぐ売りたい!」と思った時に使えますね。

次にそれぞれの「メリット・デメリット」をお話しさせていただきます。

取引所と販売所のメリット、デメリットは?

さて、次は各場所のメリット、デメリットについて解説していこうと思います。

「役割」でお話ししたことの復習にもなりますが「押さえておきたいポイント」でもあります。

まずは簡単にメリットとデメリットを見てみましょう。

取引所のメリット・デメリット

●メリット

  • 販売所で買うより安く買うことができる
  • 販売所で売るより高く売ることができる。

●デメリット

  • オークション形式な為、取引相手が見つかるまで時間がかかることもある。
  • 取引相手が見つからなければ買うことも売ることもできない。

販売所のメリット・デメリット

 

●メリット

  • 価格が固定されているので、いつでも売買がスムーズにできる。

●デメリット

  • 運営会社が取り扱っていない仮想通貨の売買ができない。
  • 手数料が高いので、取引所より売りは安く、買いは高くなってしまう。

 

「取引所」でのデメリットで「取引は時間がかかる」とありますが、販売所に比べてという意味ですので正直それ程気にしなくていいと思います。

というのも、今は取引所での取引が盛んに行われているところばかりなので、すぐに買い手・売り手が見つかります。

しかし、設定した金額によっては全然売れないこともあるので注意が必要です。

取引所 販売所
メリット
  • 販売所で買うより安く買うことができる
  • 販売所で売るより高く売ることができる。
  • 価格が固定されているので、いつでも売買がスムーズにできる。
デメリット
  • オークション形式な為、取引相手が見つかるまで時間がかかることもある。
  • 取引相手が見つからなければ買うことも売ることもできない。
  • 手数料が高いので、取引所より売りは安く、買いは高くなってしまう。
※ 運営会社が取り扱っていない仮想通貨の種類は売買ができません。

取引所と販売所を例えるなら

自動販売機と、スーパーを思い浮かべてください。

自動販売機(販売所)で130円入れてボタンをポチッと押してコーヒー買うか、

スーパー(取引所)で98円(税込み105円)のコーヒー持ってレジに並ぶか、

すぐに買うか、ちょっとでも安い方を買うか。

みたいな感じです。

この場合、スーパーで買い物をする方が25円得していますよね。

実際はネット上で出来てしまうのですが、現実だと自分がそこまで足を運ぶか・運ばないか、手間を省くか・省かないか。
そういったイメージに近いですかね。

投資の面では、これらのメリット・デメリットというポイントをしっかり押さえて、上手に使い分けていくと稼ぎやすいです。

スポンサーリンク

仮想通貨とビットコインの違い

仮想通貨

ビットコイン取引所とは?の部分で少しお話ししましたが、もう少し詳しく説明しておきます。

ここまで読んで、「仮想通貨」という言葉がよくわからなかった方もいると思います。
他にも「暗号通貨」と呼ばれたりもしますからね。

そういった疑問の中でも特に、

「ビットコイン」と『仮想通貨』って何が違うの?

と思った方はいるはずです。

なので、「ビットコイン取引所」と「仮想通貨取引所」と聞くと、その違いがよくわからない方もいると思います。

仮想通貨にはいくつもの種類があり、その中の1つが「ビットコイン(Bitcoin)」なんです。

通貨単位は「BTC」と表されています。

例えば他に、

  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LISK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XMR(モネロ)
  • REP(リプテーション・リピュテーション)(オーガー/Augur)
  • XRP(リップル)
  • ZEC(ゼットキャッシュ)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライト)
  • DASH(ダッシュ)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナ)

などなど、たくさんの種類の仮想通貨があるのですが、その中の1つと思っていただければOKです。

ですので、

 

  • 「仮想通貨の取引所」と言ったら色々な種類の仮想通貨を扱っているところ。
  • 「ビットコインの取引所」と言ったらビットコインを取り扱っているところ。

 

になります。

また、ビットコインは仮想通貨の種類の1つになるので
「ビットコイン取引所」というのは、「仮想通貨取引所」とも言えるわけです。

ビットコインという言葉が他の種類の通貨よりメディアに取り上げられ広まっているので、「ビットコイン取引所」と言う人が多いですね。

でも、実際は仮想通貨の種類の中の1つという事さえ分かっていれば間違えることもなく、違いも分かるのでぜひ覚えておいてくださいね。

別のお話になりますが、それぞれの通貨には出している元の会社があります。

そして通貨にもよりますが、何かに特化しています。

これを知ると、

  • 仮想通貨がおもしろい理由
  • どうして仮想通貨バブルなのか
  • 今後、期待できるものなのか

などが見えてくるのでそれはまた別の機会にお話ししますね。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございます。

今回は、

  • 取引所とは
  • 取引所と販売所の違い
  • それぞれのメリット・デメリット
  • 仮想通貨とビットコインの違い

これらについてお話しさせていただきました。

ほい
ほい

取引所と販売所にはそんな違いがあったんだ。

なんじゃ
なんじゃら

この2つは、臨機応変に使えば損を少なくできるからうまく使えるようになるといいね!

「取引所」、「販売所」共にケースバイケースで上手に使い分けて行くことが仮想通貨で利益を出すコツになっていきます。
大損しないように仮想通貨ライフを楽しんでいきましょう!

今回、お話しさせていただいたことで疑問が少しでも解決できたのであれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のポイント!【経験値】

  • 取引所は人と人が取引する場所
  • 取引所は希望の金額で売りたい人買いたい人が一致すると取引完了!
  • 販売所は人と運営会社が取引する場所
  • 販売所はいつでも取引できるけど手数料が高い!
  • 「ビットコイン」は仮想通貨の種類の1つ!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。
バナーをポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です