MyEtherWalletのガスリミットとは?送金できない理由と対策

myetherwallet,マイイーサウォレット,送金できない,ガスリミット,送金,ガス,gas,limit
ほい
ほい

あれ?送金できない・・・

なんじゃら
なんじゃら

どうしたの?

ほい
ほい

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)で「ETH」を送金(出金)しようと思ったんだけどできないんだ。

なんじゃら
なんじゃら

ん~。
もしかして「ガスリミット」ってところいじってない?

ほい
ほい

いじってないけどなんか赤い文字が出る・・・

なんじゃら
なんじゃら

それじゃ送ることはできないよ。

ほい
ほい

そうなの?

なんじゃら
なんじゃら

うん。
送金できないと困るよね。

どうすればいいのか説明するよ。

ということで、今回は「ウォレットから送金できないときの対策・解決方法」です。

送金できない理由は「ガス」についても知っておく必要があります。
合わせて覚えておきましょう。

最初は「イーサリアムのガス(Gas)・ガスリミット(Gas limit)」についてお話していきます。

イーサリアムのガス(Gas)とは?

myetherwallet,マイイーサウォレット,送金できない,ガスリミット,送金,ガス,gas,limit

「Ether/トークンの送出」で通貨を送金(出金)しようとすると

ガスリミット:21000

と表示されていると思います。

この「ガス(Gas)」のイメージは「燃料」です。

ほい
ほい

家とかで使うガスと同じようなイメージなのかな?

なんじゃら
なんじゃら

そうだね

イーサリアムの送金や、イーサリアムの代名詞「スマートコントラクト(契約)」のプログラム実行には手数料、つまり「燃料」が必要なんです。

そして、この「ガス」はイーサリアムで支払います。

なので、送金時にはウォレットに「ETH」を残しておく必要があります。
最低でも「0.01ETH」入れておきましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ガスの計算と手数料

「ガス(Gas)」は、

「Gas Fee(ガス手数料)」×「Gas Price(ガス料金)」によって算出されます。

車で言うと、

 

  1. 「120円/L」(ガソリンの値段)
  2. 「30L」入れる
  3. 30L × 120円 =3600円

 

こんなイメージです。

実際の「Gas Price」は小数点以下なのでかなり値が小さくなります。

「Gas Price(ガス料金)」は「EtherScan」のサイトで見ることができます。

しかし、今あなたは

「なんのこっちゃ?」

と思っていますよね。

僕もここら辺の計算が以前はわかりませんでした。
というか、相場で価格が変動するので詳しい計算方法を覚える必要はないです。

なので、

大体「0.001ether ~ 0.002ether」くらいと覚えておいてください。
日本円だと数十円です。

「1 Gas」の値段(wei)

etherの最小単位は「wei」
「1wei=0.000000000000000001 ether」

次に「ガスリミット(Gas limit)」について見ていきましょう。

ガスリミット(Gas limit)とは

リミットは「上限・最大値」

つまり、ここで言う「ガスリミット(Gas limit)」は、自分のウォレットから出してもいいガスの「最大値」のことです。

よくビットコインのブロックチェーンで聞く「マイナー」ですが、イーサリアムにもいます。

マイナーとは
マイニング(採掘)する人。
ブロックチェーンのブロックを作り、成功すると報酬をもらうことができる。
送金手数料はマイナーたちに報酬として支払われるもの。

イーサリアムのマイナーは「GasPricre(ガスプライス)」、つまり手数料が高くて報酬も多くもらえる取引(トランザクション)から処理をします。

これは他のブロックチェーンでも同じです。

この事から、手数料が高く設定されていると、早く処理をされ送金時間の短縮につながります。
逆に、手数料が少ないと後回しにされ、送金時間が長くなるというわけです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

送金できない理由

MyEtherWalletは、最初「ガスリミット:21000」です。

これは送金量によって変動しますが、自動で計算されます。

しかし、送金しようとしても、

Warning Error~~~~「Out of Gas」

と赤い文字が表示され送金できないことがあります。

この表示が出たときは、

「ガス(手数料)が足んねぇぞ!」

と言われています。

つまり、送金できない理由は「手数料」が足りないからです。

送金(送出)するためにはガスの値を増やす

「ガス(手数料)が足んねぇぞ!」

そう言われているので、単純に値を上げればOKです。

ガスを上げるということは、手数料が高くなるということ。
ですが、送れなければ意味がないので、ここは1.5倍~2倍ほど高くしてみましょう。

成功すると、ブロックチェーン上に展開されます。

トランザクションを送信した後に画面下に緑色のコーナーが表示されます。
そこに「View TX」という文字があります。

クリックするとトランザクション(取引)の処理を確認できますよ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

myetherwallet,マイイーサウォレット,送金できない,ガスリミット,送金,ガス,gas,limit

いかがでしたでしょうか。

今回は、「MyEtherWalletで送金(出金)できないときの対策」についてお話ししました。

要は、ガスの値を上げればいいというだけです。

送金できなくて、結構悩んでいる方はいると思いますが、この方法で簡単に送金できます。

取引所では「手数料」と表示されているのでわかりやすいんですけど、「MyEtherWallet」では「ガス」ですからね。
ちょっとややこしいなぁと思いました。

ガスリミットを「1.5~2倍」に増やす。

それだけ覚えていれば解決します。

それに、増やしたところで数十円で送金できますからね。
安いです。

もし、送金できないときはガスリミットの値を上げてみてくださいね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

『MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の送金(入金・出金)』の記事も参考にしてください。

ほい
ほい

おお~!とりあえず1.5倍にしたら送金できた!

なんじゃら
なんじゃら

良かったね

ほい
ほい

うん。
ちょっとしたことだけど、こういうのってわからないから助かったよ。

 

今日のポイント!【経験値】

  • 送金できないときはガスリミットの値を増やすべし!

以上!

なんじゃら
なんじゃら

必見!「MyEtherWallet」を使う際に必要な情報を網羅した『総まとめマニュアル』を参考にしてね☆彡


300_250bitbank
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブログランキングに参加しています。
バナーをポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

プロフィール

なんじゃ
なんじゃら

なんじゃらどぇす。

仮想通貨どっぷり中のブロガー兼トレーダー。自分の経験を活かして初心者向けに読みやすい記事を心がけてます。Twitterでは叫んだり、発狂したり、たまに「意味深なこと」をつぶやいてます。
考え方や、最新情報も。
↓フォローオナシャス。

僕も登録しているおすすめ取引所7選はこちら↓

300_250bitbank

myetherwallet,マイイーサウォレット,送金できない,ガスリミット,送金,ガス,gas,limit

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です