MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でカスタムトークンの追加と送金、受け取り、確認方法

myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン
ほい
ほい

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でトークンを追加したいんだけどやり方がわからない・・・

なんじゃら
なんじゃら

ちょっとわかりにくいかもしれないね。

ほい
ほい

うん。
どうやって追加すればいいの?

なんじゃら
なんじゃら

カスタムトークンを追加ってところを使うんだけど説明するね。

今回は、「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でカスタムトークンの追加」について画像付きで解説します。

また、

  • トークンの送金(入金・出金)
  • 受け取りと確認方法

も合わせてお話ししますね。

これらが一通り分かればICOの参加でも困らないですよ。

また、ウォレットなので「通貨だけじゃないの?」と思うかもしれません。

ですので、最初に「どうしてMyEtherWalletでいくつものトークンを扱えるのか」を簡単にお話しします。

まだ「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」に登録して使えるようにしていない方はこちらを参考にしてください。
通貨の送金方法やログイン方法も記載しています。

どうしてMyEtherWalletでいくつものトークンを扱えるのか

「ERC20」という規格があります。

この規格に対応している「MyEtherWallet」であれば「ALISトークン」などのトークンを1つのウォレットで数種類保管することができるんです。

ほい
ほい

ん?
何だかよくわからないんだけど。

なんじゃら
なんじゃら

簡単に言うと「イーサリアムのブロックチェーンを使用している」ってことだよ。

ほい
ほい

なるほど。

MyEtherWalletは「ERC20」という規格に対応しているので、イーサリアムのブロックチェーンを使うトークンであれば保管できるということです。

しかも、「ERC20準拠イーサリアムトークン」であればウォレットのアドレス1つだけで入金できるのでとても楽です。

では、トークンを追加する方法を見ていきましょう。

MyEtherWalletでカスタムトークンを追加する方法

1MyEtherWalletにアクセス。

2,「お財布情報を見る」からログイン。
myetherwallet,マイイーサウォレット,送金,入金,手数料

3,「カスタムトークンを追加」をクリック。
myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン

4,以下の3つを入力、「保存する」をクリック。

  • Token Contract アドレス(Contract Address)
  • トークンシンボル(Token Symbol)
  • ケタ数(Token Decimals)
myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン

これで登録できます。

各トークンによって情報が提供されているはずですので、それらを入力しましょう。

トークン追加の例

1,「トークン残高」にhttps://etherscan.ioというURLがあります。
ここにアクセス。

myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン

2,右上の検索窓に追加したトークン名を入力します。
例えば「OMG」
表示された「OmiseGo(OMG)」をクリック。

myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン
  1. Token Contract アドレスへ「Contract Address」に表示されているアドレスを入力
  2. トークンシンボル(Token Symbol)は「OMG」←表示させるシンボル名
  3. ケタ数に「Token Decimals」の数字「18」を入力
  4. 最後に「保存する」をクリック。
myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン

これで追加されます。

今回は、すでに「MyEtherWallet」に追加されているトークンで試したので枠が赤くなっていました。

このように、対応済みのトークンは「既に追加されています」と表示されます。

myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン

次は、トークンの送金方法です。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)でトークンを送金(出金)

1,Ether/トークンの送出でログイン。
myetherwallet,マイイーサウォレット,送金,入金,手数料

2,「Load Token」をクリックで他の通貨・トークンが表示されます。
myetherwallet,マイイーサウォレット,送金,入金,手数料

あとは、別の「MyEtherWallet」もしくは、トークンを取扱っている取引所で送りたいトークン・通貨のアドレスに送金です。

送金方法を参考にしてください。

トークンを送金(入金)する方法

実は、トークンの入金はとても簡単なんです。

自分で送るときも、誰かに送ってもらう時も
表示されている「自分のアドレス」に送るだけ。

myetherwallet,マイイーサウォレット,送金,入金,手数料

ほとんどのトークンは対応しています。

が、新規のICOなどで対応していなくて、表示されない場合は上記の「カスタムトークンを追加」から追加しましょう。

トークンの追加や送金方法を知りたい方は、ICOに参加したい方が多いはず。

そこで、ICOに参加するときの流れをお話しします。

ICOのトークンを購入する、イーサリアムを送金する場合

ICOによりますが、トークン購入は「イーサリアム(ETH)」で支払うことがあります。

その場合、

 

  1. 取引所でイーサリアム(ETH)購入
  2. MyEtherWalletに送金(入金)
  3. ICOに送金(出金)

 

①②③の流れで送る必要があります。

もし、②を飛ばして①→③と取引所から直接ICOのウォレットアドレスに送金した場合、イーサリアム(ETH)を失います。

①→③で取引所から送金しようとすると、
『出金先のアドレスに「コントラクトアドレス」を指定出来ません』と出ているかもしれません。

止めてくれるところは良いのですが、送れてしまう場合があるんですよ。
そうなると「ETH」は返ってこないので気を付けてください。

コントラクト(契約)アドレスとは
EthereumやDAOは、分散アプリケーション・プラットフォームと呼ばれます。
分散アプリケーションとは、1つ以上のローカルまたはリモートのクライアントが、ネットワークで接続された複数のマシン上の1つ以上のサーバと通信するアプリケーションのことです。
ブロックチェーンによって取引履歴を管理しているビットコインに対し、EthereumやDAOは取引で行われる契約をブロックチェーンに書き込み、その書き込まれた契約内容を実行する、という仕組みになっているんですね。
コントラクト(契約) → ブロックチェーンに書き込み → コントラクトの内容を実行
こういった流れとなります。
コントラクトにはアドレスが付与されており、それをコントラクトアドレスと呼びます。
引用:coincheck

要は、普通のアドレスと違うので「取引所から送金する場合には使わないでください」ってことです。

取引所の口座開設がまだの方はこちらを参考に口座開設をしてください。

おすすめ取引所
登録必須!仮想通貨取引所【おすすめ7選】

コインチェックかZaif(ザイフ)がおすすめです。

ここからはICOに参加するときの流れを説明します。

  1. まず、取引所で「イーサリアム(ETH)」を購入。
  2. 購入して、自分のウォレットにイーサリアム(ETH)があることを確認。
  3. 「MyEtherWallet」にアクセス。
  4. 表示されている自分のアドレスに送金。
  5. 着金されるまで待つ。(数分から1時間ほど。詰まっていると長くなります)
  6. 「Ether/トークンの送出」からICOで指定されたアドレスに「ETH」を送金する。
  7. 「Gas limit(ガスリミット)」も指定されると思うので書かれているGasを「ガスリミット」に入力。
  8. 「トランザクションを生成」をクリック。
  9. 「トランザクションの送出」をクリック。

 

この後は、ポップアップが出たら、

  • 送ろうとしているアドレスは指定アドレスと一致しているか
  • 送金しようとしている通貨の量は合っているか

確認しましょう。

問題なければ「はい、確かです。処理を実行します」をクリック。

 

これで送金完了です。

少し手間かもしれませんが、この一連の流れが必要です。

送金に成功していれば緑色のポップアップが画面の下に表示されます。

失敗していると赤い画面のポップアップが表示されますので、もう一度始めからやり直しましょう。
アドレスか、ガスリミットの桁か・・・どこかが間違っています。

そのあと、トークンがウォレットに送り返されます。

300_250bitbank

MyEtherWalletで受け取りを確認する

すぐにトークンを受け取れるICOもあれば、ICOが終わってからのところもあります。

この時ウォレットがICOのトークンに対応していないと、表示されません。

上記のカスタムトークンの追加手順で追加しましょう。

指定されている、

  • Token Contract アドレス(Address)
  • トークンシンボル(Token Symbol)
  • ケタ数(Decimals)

を入力して保存することで表示され、確認できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「MyEtherWalletでトークンを追加・送金する方法」についてお話しさせていただきました。

一回やり方を覚えてしまえば簡単です。
5分もあれば新しいトークンを追加することができますね。

送金(入金)も同じアドレスでOK。
「MyEtherWallet」1つのアドレスで勝手に振り分けられるのがいいですよね。

出金の場合は、黄色いボタン「Load」をクリックで選択できるようになりますし。

ただし、送金は注意が必要。

  • アドレスの打ち間違い
  • 通貨の選択ミス

これらには十分気を付けて下さい。

もう2度と通貨が返ってこないかもしれません。
自分の責任なので、どうしようもないです。

送金する際は「3回」ほど上記の2点を確認するように心がけてくださいね。

本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ほい
ほい

なるほど、「カスタムトークンを追加」からできるのか。

なんじゃら
なんじゃら

だね。
送金も通貨と同じ手順だよ。

ほい
ほい

ふむふむ。

なんじゃら
なんじゃら

でも、アドレスの打ち間違いや似たような名前の通貨・トークンに送らないように注意してね。

ほい
ほい

送金するときは気を付けます。

 

今日のポイント!【経験値】

  • トークンの追加は「カスタムトークンを追加」から!
  • ウォレットのアドレスに送れば勝手に振り分けてくれる
  • 送金時のアドレスの打ち間違い、通貨の選択ミスには十分注意しよう!
なんじゃら
なんじゃら

必見!「MyEtherWallet」を使う際に必要な情報を網羅した『総まとめマニュアル』を参考にしてね☆彡


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ブログランキングに参加しています。
バナーをポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

プロフィール

なんじゃ
なんじゃら

なんじゃらどぇす。

仮想通貨どっぷり中のブロガー兼トレーダー。自分の経験を活かして初心者向けに読みやすい記事を心がけてます。Twitterでは叫んだり、発狂したり、たまに「意味深なこと」をつぶやいてます。
考え方や、最新情報も。
↓フォローオナシャス。

僕も登録しているおすすめ取引所7選はこちら↓

300_250bitbank

myetherwallet,マイイーサウォレット,トークン,追加,送金,送る,受け取り,確認,カスタムトークン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です