カカオトークの仮想通貨取引所『Upbit』オープンはいつ?通貨の種類はや気になる影響は?

カカオトークの仮想通貨取引所[Upbit]オープンはいつ?通貨の種類は?どんな影響がある?

カカオトーク」この言葉は聞いたことありませんか?

LINEより前にSkypeなどと並んで一時期、日本でも流行ったチャットアプリです。

この「カカオトーク」は韓国でとても人気のある無料通話&トークアプリなんですよね。
それこそ日本でいうLINEです。

そのカカオトークアプリの開発元、「カカオ社」のフィンテック関連のグループ会社「Dunamu(トゥナム)」が韓国で、仮想通貨取引所「Upbit(アップビット)」オープンします!

これは、韓国最大規模の仮想通貨取引所。

海外大手の取引所「Bittrex」と提携をするので、Bittrexで取り扱っている通貨の内100種類以上がこの「Upbit」ではトレードっできるとのこと。

これは様々な面で影響がありそうですね。

それでは、

  • オープン
  • 日本語サポートについて
  • 「Upbit」について
  • 取り扱い通貨
  • セキュリティ面
  • どんな影響を及ぼすのか

などについてお話していきますね。

ほい
ほい

韓国に新しく取引所ができるんだね!

なんじゃ
なんじゃら

かなり大きいところみたいだから詳しく見ていこう!

スポンサーリンク

取引所のオープンはいつ?

2017年10月オープン。

事前登録は2017年9月25日月曜日から始まりました。

ただし、公式サイトでは事前登録ができるようですが、日本からの電話番号だと登録できないとのこと。

登録特典(キャンペーン)が凄いので登録できる方は登録した方がいいです。

 

  1. 事前登録者の中から抽選で111人に111種類の通貨の内1つを1枚ずつプレゼント。
  2. 事前申し込み順に取引サービスをオープン。つまり、他の人より先にたくさんの仮想通貨をトレードすることができる。

 

抽選でビットコイン当たったらヤバいですねw

Upbit

日本語サポートが無いけど大丈夫!

韓国語で何も読めない!

と思うかもしれませんが、Google翻訳で日本語に変換できました!

英語しかできないと思ってたんですが、これで読むことはできます!

Google翻訳を使うとこうなります!

カカオトークの仮想通貨取引所[Upbit]オープンはいつ?通貨の種類は?どんな影響がある?

ちょっと変な日本語も稀にありますが、大体意味は分かります。
英語の翻訳でも日本語が変なときあるので似たような感じですね(笑)

でも、これだけ変換できれば躓くことは無さそう。

スポンサーリンク

「Upbit」とは?

「カカオ社」のフィンテック会社「Dunamu(トゥナム)」が設立。

2012年の4月に設立された「Dunamu(トゥナム)」はカカオトークの開発元、「カカオ社会」と提携してカカオトークをベースにしたモバイル証券取引アプリ「カカオストック」を運営していることで有名です。

この運営能力を元にするので「Upbit」では、PCだけでなく、iPhoneやAndroid端末などスマホでも24時間取引ができ、モバイル中心の売買サービスをサポートするとのこと。

スマホで簡単にトレードできるのはとてもうれしいですよね。

取り扱い通貨の種類は?

サイトによっては110種類、111種類となにやら種類がズレていますが、今後、新しい通貨を取扱うことももちろん考えられるのでその点はあまり気にしなくても良さそうです。

「100種類以上取扱っている取引所」ということが大きいです。

主要通貨の

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

は取扱うとのことが分かっています。

他の通貨についてはまだ情報がありませんが100種類以上なのでコインチェックなどで取り扱っている仮想通貨については全部取扱うでしょう。

後は、どういったものを取扱うかですが・・・

マイナーなものも入れてくると思うんですよね。

それなりにチェックはしているはずなので、将来性を見越して取扱われるであろう仮想通貨は要チェックです。

なので、今回オープンした際に取り扱いの通貨の種類が分かれば他の取引所で購入しておくというのもアリですね。
自己責任なので難しいところですが、小額投資しておいて放置というのもいいかなと思っています。

セキュリティ面は大丈夫?

仮想通貨業界と言ったらセキュリティの面は絶対に外せません。

その点に関しては、グローバルで認められている技術を導入するようです。

  • 決算サービスの「カカオペイ」で使っている認証メカニズム
  • 金融業界の情報漏洩防止技術
  • Bittrexのセキュリティ技術

など、これらを駆使して運営とのこと。

創業メンバーにAmazon、マイクロソフト社などに勤めるセキュリティ専門家を集めてしっかりと検討した上でのオープンなので、そう聞くと安心できますよね。

でも、ハッカーなども上には上がいるので100%安全は無いです。

自分でできるセキュリティに関してはしっかりしないといけませんね。

ここまでしっかりと検討しているので大丈夫だとは思いますが、ここでしくじったら、多分もう終わりです。
そのくらい仮想通貨のセキュリティ面はユーザーにとって大事なことですからね。

日本の取引所でも、以前にハッカー被害などが多かったミスターリップルという取引所があります。

そこは今ミスターエクスチェンジと名前を変えてリニューアルしましたが、ログインして驚きました。

ほとんど取引が無かったです(;゚Д゚)

一度、被害の噂が広がってしまうとなかなか信用は取り戻せないということですよね。

スポンサーリンク

どんな影響をもたらすのか?

カカオトークは韓国ではとても認知度のあるアプリ。

ということはそのカカオトークが「仮想通貨」業界に進出するので、若者の認知度が一気に上がる可能性があります。
そうなると、今まで関心のなかった人たちにも徐々に浸透していくということです。

さらに、暗号通貨の分析や投資ガイドなども提供するそうなので初心者でも参入しやすい工夫をすると思われます。

結果的にどんな影響をもたらすか?ということですが、

まず参入者が増える事が考えられるので、取引量も増え、全体的に相場が上がる可能性が高いです。

すぐにとはいかないかもしれませんが、将来的には上がることが期待できます。

実は日本でも10月オープンの取引所がある?

これは噂を耳にしたのですが、水面下で動いているようですね。

100種類以上の仮想通貨を取扱う取引所が日本でもオープンするとのこと。

でも、現時点でその話が出ていないことが不安要素です。
上手くいけばものすごい注目を浴びるでしょうけど10月オープンなのにあまり話を聞かないのは心配です。

まとめ

注目を浴びること間違いなしの韓国取引所「Upbit」。

海外取引所の「Bittrex」や「Poloniex」などが登録できる中、ここだけ登録できないということは無いと思いますので日本もその内対応するはずです。
そうなったら日本人の登録者も増え、さらに仮想通貨業界が盛り上がっていくことでしょう。

ネックだった韓国語もGoogle翻訳で日本語にできるのであれば、ほとんど読むこともできますし、躓くことはあまりないかもしれません。

また、韓国以外でも新しい取引所の噂が水面下で動いているので楽しみです^^

特に日本で100種類以上取扱う取引所がオープンすると聞いていますのでそれが本当であれば今回の「Upbit」のように注目を浴びるでしょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ほい
ほい

なるほどぉ~。カカオトークは聞いたことあったけどまさかその繋がりでしかも海外大手の取引所「Bittrex」とも提携しているとはすごい・・・

なんじゃ
なんじゃら

セキュリティ面も万全だし、「Upbit」は世界的に影響を及ぼすだろうね!仮想通貨業界の認知度がもっと高まりますように。。。

今日のポイント!【経験値】

  • 「Upbit」取引所は韓国最大規模!
  • カカオ社と関係しているので今後に注目!
  • 若い人の参入が期待できる!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。
バナーをポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

プロフィール

なんじゃ
なんじゃら

なんじゃらどぇす。

仮想通貨どっぷり中のブロガー兼トレーダー。自分の経験を活かして初心者向けに読みやすい記事を心がけてます。Twitterでは叫んだり、発狂したり、たまに「意味深なこと」つぶやいてます。
↓フォローオナシャス。

カカオトークの仮想通貨取引所[Upbit]オープンはいつ?通貨の種類は?どんな影響がある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です