コインチェックGOX事件の内容は?ハッキング被害総額はいくら?仮想通貨ニュースまとめ

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM
追記

コインチェックから対応が出ました。
「不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について」
最後に追記しておきます。

コインチェックでまさかの不正流出事件が発生!

なんじゃら
なんじゃら
歴史に残る大事件発生!?
ほい
ほい
ヒャァ―!!!

と言うことで、

  • 事件の内容
  • 緊急会見の内容
  • 緊急会見動画

などをまとめましたのでぜひご覧ください。

メディアでは「NEM(ネム)」と言っていますが、流出した仮想通貨は「XEM(ゼム)」です。

  • 「NEM」はブロックチェーンプラットフォームのこと
  • 「XEM」はそのブロックチェーン技術を使った仮想通貨のこと

なので混合しないようにしてください。

意味が全く違います。
メディアが仮想通貨や技術を理解していない証拠でもあります。

勘違いしないように気を付けてください。

また、

  • コインチェックが悪いのか?
  • 投資家のユーザーが悪いのか?
  • 誰が悪いのか?

これらや、今後どうなるのか個人的な意見も書きました。

では、「コインチェックGOX事件」の内容を見ていきましょう!

スポンサーリンク

コインチェックGOX事件(CC.GOX)の内容

2018年1月26日(金)23:30~緊急会見がありました。

内容は、XEMの不正流出。
過去のハッキング事件の中でも最高被害額となるとのこと。

緊急会見の内容のまとめは以下の通り。

  • 5億2300万xem(580億円相当)が盗まれた
  • 被害顧客数は調査中
  • 原因は不正アクセス
  • 全部ホットウォレットで保管してた
  • NEMの保証も検討中
  • 取引履歴は残ってる
  • 抜かれた送金経路を調査中
  • 他のコインに関しても調査中
  • ハードフォークはNEM財団にすでに断られた

コインチェックの被害総額は?

上記のとおり、「およそ580億円」。

XEMが「5億2300万枚」不正流出です。

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM

一次的に投げ売りで80円近くまで落ちてますね。

でも、暴落前に一瞬上がっているのが気になります。

ここで、緊急会見の動画を見てください。

見たほうがわかりやすいと思います。

ただし、記者の質問にはイライラしますw

スポンサーリンク

コインチェック緊急会見動画

和田さん、大塚さん、弁護士さんが会見しています。

コインチェックも被害者なので、非を認めたくないかもしれません。
でも、認めなければいけない部分もあると思います。

ただ、記者のレベルが低すぎて、どっちかと言うと記者に対して頭きました。

が、それは置いといて、会見の中で何度も出てきた「マルチシグ」の意味を知りたいですよね?

マルチシグとは?

簡単に言えば、

「複数アカウントから署名を行わないと資産を移動できないように制限すること」

詳しくはこちらの記事を見ていただくと分かります。

XEMを持っている方で、nanoWallet(ナノウォレット)をパソコンに入れてる方はマルチシグ設定をしておきましょう。

不正流出のXEMはどうなるのか?

これについては、ハッカーを追跡中とのこと。

「XEMの不正流出」こういう点で、むしろ注目が集まりそうですね。

もしかしたら返ってくるかもしれませんが、あまり期待はしないように。

スポンサーリンク

マウントゴックス事件(Mt.Gox)との違い

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM

2014年2~3月、マウントゴックス社はハッキング被害を受ける。

当時の換算で約115億円相当。
報道では300億円分のビットコインが消失したとも言われました。

マウントゴックスは業務を維持出来ないために2014年2月28日に破産申請を行ったんです。
が、この後「Mt.Gox」のCEOであったマルク・カルプレス(30)が逮捕されます。

実は、ビットコイン消失はハッキングによるものでなく、カルプレス容疑者が顧客の口座を不正操作していたとのこと。

金額については、調べたんですがサイトによって全然金額が違うので本当の金額がわかりませんでした。

ハッキリ書いているところが無い気がします。
億単位で違うので何を基準にしているのかわかりません。

当時までさかのぼって被害総額ドル、為替、計算すれば出るんでしょうけど・・・。
(すみません、その内やります)

でも、灯篭さんが20倍と言っているので当時は「29億」相当の被害だったのかなと思います。

まとめると、

コインチェックは、580億円相当の被害。
マウントゴックスは、29億円相当の被害。

コインチェックは、ハッキング被害。
マウントゴックスはCEOの不正操作。

簡単に見ればこんな感じですね。

マウントゴックスの金額ご存じの方いらっしゃいましたらコメント下さるとうれしいです。

※追記 Twitterでつぶやいてくれてる方がいました。

2011年6月19日に起きた、不正侵入者によるハッキング事件も含まれてるんかな・・・?

市場規模考えると今回のコインチェックゴックス事件が小さく見えますね。
でも、この界隈で0.1%はでかいかも(◎_◎;)

いつ何が起きた?今回のコインチェックゴックス事件の時系列をおさらい

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM

こんな感じで、色々と起きていたようです。

なんだかすごいですね・・・。

CC.GOX事件時の他の通貨チャートは?

この時、他の通貨も一気に落ちました。

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM

海外でも似たような動きになりました。

USDT(ドル)に逃げる形になったのでしょう。

結局、コインチェックが悪いのか?

今回の事件は、コインチェックが悪いのでしょうか?

それとも、「誰かが悪い」と考えるのはおかしいのでしょうか?

この画像は、コインチェックのものです。

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM

僕は最初にこれを読んでいたので少し安心していました。
過去の事件と同じ過ちを犯さないように。とのことですよね。

しかし、今回の事件とこれはどうとらえればよいのでしょうか?

あくまで「流動しない分」と書いてあるので、うまく書いてあるなぁと思ってしまいます。

この感じだと、セキュリティ面ではコインチェックに責任があるでしょうね。
でも、こういったリスクが付いて回るものだと理解して投資しなければいけません。

投資ってそういう世界です。
お金が無くなっても自己責任です。

株やFXとは違い、まだまだ仮想通貨は発展途上。
取引所がハッキング被害に遭う可能性や、ブロックチェーンの51%アタック問題などがあります。

「そういうことがあるから注意しよう。」
「自分の責任だからちゃんと調べなきゃ。」

こんな風に、なんとなくでもいいんですよ。

でも、被害に遭う人に限って調べることを怠ってます。

結果、脆弱性がある部分や、詐欺サイト、偽ウォレットなどにお金を突っ込んで、無くなる。

自分の責任です。

つまり、今回の件は、

コインチェックも悪いですが被害者でもある。
通貨を入れていた方は被害者ですが、GOXは自己責任です。

僕も入れていた人間の一人なので気持ちはわかります。
_| ̄|○ il||li

なんじゃら
なんじゃら
ハァ、自己責任かぁ・・・
(´;ェ;`)ウゥ・・・

コインチェックは自分の利益のためにマルチシグを導入していなかった?

こんなツイートがありました。

一瞬、納得してしまいそうでしたよ。

言い切ってるので。←ここ大事

でも、↓こちらをご覧ください。

ということで、前者はちゃんと調べもせず自分の意見を言い切ったばっかりに全然理解していないことがバレてしまいましたw

これはいい例です。

Twitterの情報は早いですが、鵜呑みしてはいけないということ。

言い切っている文章でも、疑いましょう。

大抵、ちゃんと理解している方が引用ツイートなどで理由を付けて反論してます。

実際に、何が理由でマルチシグの導入をしていなかったのかはわかりません。

緊急会見の中では、まだ導入する段階では無かった、みたいなこと言ってます。
その結果、こういうことが起きてしまったので言い訳もできないんでしょうけどね。

セキュリティを高めるマルチシグ導入以外で「何」を優先していたのか。

その部分は説明してほしいです。

スポンサーリンク

「仮想通貨」「コインチェック」の今後は?

今回の事件で、むしろXEMの凄さが際立つ気がします。
なので、注目を浴びるようになり、大暴騰が起こるかも・・・。

そんな期待をしたいですけど、あまり良くない噂をTwitterで流してる方もいるのでなんとも。
でも、個人的には良い通貨であり、優秀なブロックチェーンだと思いますけどね。

あと、今回のコインチェックの不正流出について、
NEM財団代表、ロン・ウォン(Lon Wong)氏は、

「コインチェックがNEM(XEM)を盗まれたのは、NEMのマルチシグコントラクトを採用していなかったためです。今回の件はNEMの脆弱性によって起きたものではないためハードフォークは行いません。今回の事件は仮想通貨史上最大の被害額となるでしょう」

と、発表前にコインチェックのセキュリティ面を指摘しています。

でも、

「一致チェックがハッキングされたのは残念です。 しかし、私たちが援助できることはすべて尽力しています。」

と、言っているので影ながら力を貸してくれるのではないでしょうか。

XEM、1通貨ほぼ全てで「580億円」相当。

と言うことは、全13通貨あって単純計算するだけでも

580億×残り12通貨=6960億円

そのくらいはあるということ。
(単純計算すぎますがw)

確か、破産は無いというようなことを言っていましたね。
Twitterでも流れていたような・・・。

なので、何か解決案が裏で動いてるのではないかと思います。

「XRP」に関しては1億枚以上送金されていると言われていましたが、「不正流出ではない」と確証がとれたようです。

DEXに注目が集まる?

こうなってくると誰かに管理されている、取引所経由のトレードはだんだんユーザーが離れていくかもしれません。

そう思うのは、優れた分散型の取引所の形「DEX」があるからです。

DEXとは?
Decentralized Exchange(ディセントラライズド エクスチェンジ)
分散型取引所

人←→取引所←→人 ではなく

人←→人 で直接取引ができる取引所。
ウォレット+取引所という認識です。

この「DEX」が今後、増えていきそうな気がします。
今回のように不正流出する可能性ほとんどないはずなので。

分散型ネットワークが主流になる時代が来るんでしょうね。

記者について

記者のレベルが低すぎでした。

同じことを繰り返し過ぎですよ。
そりゃ答える3人も戸惑います。

喧嘩売るわけでも、コインチェックを擁護するわけでもありません。
が、記者会見で質問するのならそれなりに勉強してから質問してほしいです。

あと、多くのユーザーに伝えるという仕事をしている自覚が無さすぎます。

間違った情報を伝えてどうすんの。

と言いたくなる。

だから、仮想通貨やブロックチェーン技術の良さが薄れていくんですよ。

マルチシグを導入していないことでセキュリティが甘いと指摘され、言い返せなくなった大塚さん。

言った記者は、本人はユーザーの代弁と勘違いしている気がしました。
もしくは本人がGOXしているのか。

私情が混ざってるんでしょうかね。
熱くなりすぎです。

何度も何度も同じ質問しなくても分かります。

「甘かったです」の一言を引き出したかったんですよね?
それ聞いてネタにするだけでしょうけど。

そもそも、NEM財団代表、ロン・ウォン(Lon Wong)氏が記者会見の前にセキュリティ面について言ってるんですよ。

だから、聞く必要はないです。
その通りなので。

それに、サポートセンターの対応人数を聞く意味が分かりませんでした。
どうでもいいだろうと。

今回の緊急会見で際立ったのは、

「記者のレベルの低さ、自覚の無さ」

Twitterでも多くの方が言ってました。

今の記者ってこんなもんか・・・。

と思ってしまいましたよ。

もし、これを読んでるなら「伝える仕事」をしているという自覚を持ってください。
あなたたちが日本の経済発展の足を引っ張っているとも言えるんで。

もちろん一部です。

が、さすがに今回の会見に来て、質問していた方たちは酷かったです。

途中で皆さんが笑う部分もありましたけど、不謹慎だと思いました。
記事ネタのことしか考えてないことが笑い声に出てきてる感じ。

「そんなことも分からないのかよ・・・w」

って思ってるんでしょうけど、中にはつられて笑ってるだけの人もいるでしょう。

なんじゃら
なんじゃら
おっと、ちょっと愚痴っぽくなってしまったw
止まらなくなりそうなのでこの辺で辞めます。
スポンサーリンク

まとめ、と【注意喚起】

いかがでしたでしょうか。

ザックリでしたがまとめてみました。

お金は返ってこない気がします。
もう仕方ないかなぁと。

返ってくれば「運が良かった・・・」くらいですかね。

あと、ホントに記者のレベルが低くて、そこにイライラしましたw
メディアが間違った情報を載せるから、大衆は間違えた認識をしてしまうのに。

経済成長を妨げているものの1つが、間違った情報を流すメディア。

それを自覚してほしいです。

ドラマの「ファイナルカット」がいい例です。
実際に似たようなこともあるでしょうから。

GOXについては自己責任なのを理解して投資していなければなりません。

「仮想通貨が儲かるから始めた!」

だけで入ってきて、GOXして文句言っている方は今すぐやめたほうがいいです。

気持ちはわかりますよ、僕も入っていたんで。

でも、どうしようもないです。
自己責任なので。

あと、【注意喚起】しておきます。

今後、コインチェックの騒ぎに便乗して

「安心してください!お金が返ってきます!取り出します!」

みたいな詐欺が発生する可能性があります。

これには、「前金で」「前払い」が多いはずです。

絶対に、こういったことは無いので気を付けてください。

辛い気持ちに入り込んできます。
思っている以上に流されて信用してしまうので。

公式のコインチェックから発表が無ければすべて詐欺だと思って間違いないです。

「公式のコインチェックからの代行で・・・」

これもあり得ません。

注意してください。

※追記 速攻で出てきましたw
この方ではなく、文章内にあるリンク先のアカウントが詐欺です。

追記 1月26日に不正送金されたNEMの補償について コインチェック

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について
2018.1.28

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

引用:ⓒCoincheck

ほい
ほい
コインチェック大変だね。
なんじゃら
なんじゃら
(´;ェ;`)ウゥ・・・
ほい
ほい
あ、そうか。
入れてあるんだったっけ・・・。
なんじゃら
なんじゃら
(´;ェ;`)ウゥ・・・
ほい
ほい
(そっとしておこう・・・。)
【間違い探し】
今回使った画像の中に間違いがあります。どこでしょうか?
(-ι- ) ククク

今日のポイント!【経験値】

  • 2018年1月26日、「CC.GOX」が起きた。
  • 「投資は自己責任」という言葉が重くのしかかる日となった。
  • こういう時に出てくる詐欺に注意しよう!

ブログ更新をお知らせ!
時々、通貨のイベントカレンダーを配布。
プレゼント企画もします。
LINE@はこちらから↓
友だち追加

★登録しておくべきおすすめ取引所!

1位 ザイフビットバンクバイナンスコインエクスチェンジクーコイン


Zaif(ザイフ)はビットコインの取引手数が
-0.01%!マイナス手数料。
取引すればするほど貰えてしまうというお得な取引所です。
トレードが苦手な方におすすめの『積立』もあります。
また、日本初のICO「COMSA」そして「mijin」で世界中から注目を集めていることでも有名です。

Zaif公式サイト
登録方法



300_250bitbank

bitbank(ビットバンク)は、XRPを手数料無料で購入できる唯一の取引所。
取引手数料が安く、初心者から上級者まで幅広く愛用されています。セキュリティも高いです。
XRPを購入するために登録しておきましょう。

ビットバンク公式サイト
登録方法



binance,バイナンス,登録,取引所,評判,開設,日本語,方法,仮想通貨

Binance(バイナンス)は、日本語対応で、2018年の主役になるであろう海外取引所。
新しい通貨もどんどん上場し、ユーザー増加中。
今後、値上がりが期待されるコインを多く取り扱っています。

バイナンス公式サイト
登録方法



コインエクスチェンジ

CoinExchange.io‎(コインエクスチェンジ)は草コインの宝庫!
草コインの値動きは5倍、10倍が珍しくありません。
一攫千金も夢じゃない草コインを購入するなら登録しておきましょう。

コインエクスチェンジ公式サイト
アクセスできないときはこちら【公式サイト】
登録方法



kucoin,クーコイン

Kucoin(クーコイン)は日本語、日本円表示対応の海外取引所。
独自トークン「KCSトークン」を保有しているだけで仮想通貨がもらえる超お得な特典があります。
1000種類の通貨を目指し、どんどん追加されているので注目です。
今後期待される取引所なので登録しておくべきです。

Kucoin公式サイト
登録方法


ブログランキングに参加しています。
バナーをポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

プロフィール

なんじゃ
なんじゃら

なんじゃらどぇす。

仮想通貨どっぷり中のブロガー兼トレーダー。自分の経験を活かして初心者向けに読みやすい記事を心がけてます。Twitterでは叫んだり、発狂したり、たまに「意味深なこと」をつぶやいてます。
考え方や、最新情報も。
↓フォローオナシャス。

僕も登録しているおすすめ取引所7選はこちら↓


コインエクスチェンジ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック,coincheck,事件,ハッキング,被害,いくら,被害総額,GOX,マルチシグ,内容,マウントゴックス,仮想通貨,ビットコイン,XEM,NEM

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です